ごあいさつ

森竹 財三

奈良東病院 診療部長
リハビリテーション臨床認定医
森竹 財三

地域包括ケア病棟では、肺炎などにより体力や動作が低下された方を、元の日常生活動作が出来るようにリハビリを行っています。退院後も、介護老人保健施設のデイケアに通所しリハビリをされる方の相談もしています。
自分で行きたいところに行けるように、また不自由なことがあっても出来る能力でやりたいことが出来るように、お手伝いをするのがリハビリです。食事の摂取がしにくくなった方へのリハビリもあります。お家で困ることがあれば、ケアマネージャーさんを通してご相談ください。

白銀 隆宏

リハビリテーション科 専門医白銀 隆宏

 回復期病棟は、骨折の手術後の筋力低下や脳卒中による麻痺などのため、急性期治療が終了した後も日常生活を送る上で不自由がある患者様が、リハビリテーションを中心とした治療を集中して受けて頂くための病棟です。
 リハビリテーションを最大限有効に実施するためには、ご家族様や医療スタッフとの患者様に関する様々な情報の共有が重要と考えます。患者様、ご家族様、そして回復期病棟に関わるスタッフとのコミュニケーションを大切にし、「最適のリハビリテーション環境」を提供できるように心掛けていきたいと考えております。

スタッフ紹介

リハビリテーション科 統括科長 理学療法士吉本 陽ニ

私は、急性期から慢性期の臨床、教育、研究に携り、経験を積んできました。
これらの経験を生かしたリハビリテーション科にしています。

学 歴
平成2年:金沢大学 卒業(理学療法士免許取得)
平成12年:仏教大学 卒業
平成16年:大阪教育大学修士課程 修了(研究テーマ:痛みに対する理学療法)
平成18年:関西医科大学博士課程 入学
職 歴
平成2年:奈良東病院
平成6年:大阪大学医学部附属病院
平成12年:大阪府立大学
平成20年:奈良東病院
社会貢献
大阪府立大学 非常勤講師
平成22年 骨髄提供

リハビリテーション科 科長 作業療法士沼田 一成

病院リハビリテーション科と老健リハビリテーション科の管理を担当しています。療法士の専門性の向上は当然ながら、チームアプローチを強化することで患者さんの治療の質を高めていきます。スタッフの意見を聞きながら主体的に動けるサポートをしています。
また、地域に寄り添う病院のリハビリテーション科として、住民主体の通いの場や自立支援型地域ケア会議、自治体の地域支援事業などの支援・協力を行っています。

院外の主な活動
関西学研医療福祉学院 作業療法学科 非常勤講師
天理市・山添村介護認定審査会 会長・審査委員
一般社団法人回復期リハビリテーション病棟協会 認定セラピストマネジャー
日本慢性期医療協会 慢性期リハビリテーション協会 認知症リハ委員会 委員
奈良県作業療法士会 地域包括ケア推進委員会委員
奈良県作業療法士連盟 幹事
天理市リハビリテーション専門職会議副会長
介護支援専門員 など

有資格者在籍状況(令和2年1月1日現在)

スタッフ数は年々増加しており、中でも言語聴覚士の数は県内トップクラスです。回復期リハビリテーション病棟、その他病棟、外来、各種施設、在宅において、それぞれの分野で、患者さん一人ひとりのニーズに合わせて質の高いリハビリテーションを提供できるよう日々研鑚しています。

理学療法士 作業療法士 言語聴覚士 公認心理士 事務
33名 33名 13名 2名 2名