理学療法とは

患者さん一人ひとりの身体の状態に合わせて、日常生活に必要な基本動作(寝返る・起きる・立つ・歩くなど)へのアプローチを行い、障害された機能、能力の回復を図るとともに、残存機能を最大限に活用できるように支援します。運動器リハビリテーション(脊椎や上・下肢の骨折、変形性関節症などの慢性関節疾患)や脳血管リハビリテーション(脳卒中後遺症やパーキンソン病などの脳・脊髄系疾患)、呼吸器リハビリテーションを行っています。痛みを和らげる物理療法、筋力強化、関節可動域拡大運動を行い、動作練習へつなげています。
残存機能を活用し、日常生活動作を行う時の姿勢や動作方法を提案します。
(ご家族への介助方法の指導、住宅改修・福祉用具の提案やアドバイスも行います。)

理学療法場面

  • 関節可動域拡大運動
  • 階段の上り下り練習
  • 屋外での歩行練習
  • 病室でのリハビリテーション※患者様の状態によっては病室で行っております。

ポジショニング

拘縮や褥瘡(床ずれ)予防のために、クッションやタオルなどを使用して、ベッドや車いすで安楽かつ良い姿勢を保持出来るように努めています。
また、疲れにくい・機能的な姿勢を取ることで、寝たきり予防やムセの防止、作業の効率の向上を図っています。


福祉用具使用例

福祉用具使用例

より安全・安楽に移乗するため機器(リフトやトランスファーボードなど)を使用する場合もあります。


ボッチャ

ボッチャはパラリンピックの正式種目で、赤と青の カラーボールを投げたり、転がしたり、他のボール に当てたりして白い的玉に近付けるゲームです。
当院では、4名の患者さんで2名ずつのペアを組んで頂き、ペア対抗で週1回行っています。
戦術を相談するなど、身体だけでなく頭の体操にもなっています。
その日によって参加者や組み合わせが違い、他の病棟の患者さんとの交流やゲームを楽しみに、また健康維持の一環として参加されている患者さんもおられます。