ごあいさつ

鉄村 信治

奈良東病院 診療部長森竹 財三

  • リハビリテーション臨床認定医

私は、この病院に来るまでは、脊柱や関節の手術、スポーツ整形外科、リハビリテーションに関心を持ち診療にあたっていました。
当院では、患者さんが自宅復帰出来るよう、医師、看護師、管理栄養士、薬剤師など他職種が積極的に関わり、出来る動作の改善を図っています。また体力アップのために栄養管理にも気を配っています。
日常生活動作に支障のある患者さんには、自宅復帰に必要な日常生活動作の獲得を目標にリハビリテーションをしています。また家屋調査を行い、ご家族が患者さんを介護できる環境を整えるアドバイスもさせていただいています。

ムセ(誤嚥)を生じ発熱する患者さんには、言語聴覚士が口の動き、飲み込み等に中止、口腔内の機能練習とともに、誤嚥を生じにくい食事を提供しています。認知症のある患者さんには、作業療法士が、好きな作業や動作を通して、認知症の改善を行っています。
また不安を抱える患者さんには、心理療法士が相談させていただいております。

私達は、このように一人ひとりの状態に合わせて、患者さんの心身面での向上を心がけて医療に従事しています。

スタッフ紹介

リハビリテーション科 統括科長 理学療法士吉本 陽ニ

私は、急性期から慢性期の臨床、教育、研究に携り、経験を積んできました。
これらの経験を生かしたリハビリテーション科にしています。

学 歴
平成2年:金沢大学 卒業(理学療法士免許取得)
平成12年:仏教大学 卒業
平成16年:大阪教育大学修士課程 修了(研究テーマ:痛みに対する理学療法)
平成18年:関西医科大学博士課程 入学
職 歴
平成2年:奈良東病院
平成6年:大阪大学医学部附属病院
平成12年:大阪府立大学
平成20年:奈良東病院
社会貢献
大阪府立大学 非常勤講師
一般社団法人アスリートケア 理事
平成22年 骨髄提供

リハビリテーション科 科長 作業療法士沼田 一成

病院リハビリテーション科と老健リハビリテーション科の管理を担当しています。療法士の専門性の向上は当然ながら、チームアプローチを強化することで患者さんの治療の質を高めていきます。スタッフの意見を聞きながら主体的に動けるサポートをしています。

院外の主な活動
関西学研医療福祉学院 作業療法学科 非常勤講師
天理市・山添村介護認定審査会  副会長・審査委員
一般社団法人回復期リハビリテーション病棟協会
認定セラピストマネジャー
介護支援専門員 など

有資格者在籍状況(平成28年4月1日現在)

スタッフ数は年々増加しており、中でも言語聴覚士の数は県内トップクラスです。回復期リハビリテーション病棟、その他病棟、外来、各種施設、在宅において、それぞれの分野で、患者さん一人ひとりのニーズに合わせて質の高いリハビリテーションを提供できるよう日々研鑚しています。

理学療法士 作業療法士 言語聴覚士 心理療法士 助手
33名 26名 12名 2名 2名