運動機能低下に対するリハビリテーションだけでなく、楽しみや心理面のサポートも重視し、患者さんのQOL(生活の質)向上も目標にします。
当院では一般・療養病棟担当スタッフが退院後のリハビリテーション部門を兼務しており、退院後の生活に目を向けたリハビリテーションを目指しています。

地域包括ケア病棟(本館3階病棟)

地域包括ケア病棟入院料1  看護職員(13:1)

急性期治療を終了し、直ぐに在宅や施設へ移行するには不安のある患者様、在宅・施設療養中から緊急入院した患者様に対して、在宅復帰に向けての診療、看護、リハビリを行うことを目的とした病床です。
「住み慣れた自宅で生活する」視点で、従来の訓練室主体のリハビリテーションから脱し、在宅復帰に特化したマンツーマン個別訓練や生活リハビリに加え、寝たきりによる認知症、廃用症候群を予防する目的で、集団でのレクリエーションや体操などを実施しております。

障害者施設等(北館1階病棟)・医療療養型病棟(北館2階病棟)

障害者施設等入院基本料  看護職員(10:1)
療養病棟入院料1(8割以上)  看護職員(20:1)  看護補助者(20:1)

障害を持った方や病状が安定していても長期にわたるような医療が必要な方や家庭に戻るには不安の残る方などに対して、リハビリテーションを継続して行っています。

介護医療院(西館1階・西館2階)

Ⅰ型介護医療院サービス費  サービス費(Ⅰ) (ⅱ)多床室

要介護1~5と認定され、病状が安定し医学的管理は比較的少なくても、長期の医療が必要な要介護高齢者の長期医療施設です。